健在医療で毎年誠に痛くツラい診察

前日、頑強医療を通してきました。バリウムを飲んで胃の診察をしたり、エコーで各臓器の診察をしたり、子宮がん検診や心電図など全部の診察を仕上げるのに待ち時間含め3時刻以上かかりました。
こういう頑強医療は毎年するが、毎年どうしても痛くツラい診察が一種あります。それは、乳がんの診察のために用いるマンモグラフィーだ。全部で4回フィルムを撮りますが、おっぱいが潰されその痛みたるや痛すぎてツラすぎて直後に倒れそうになるほどだ。それでも、近頃乳がんになった歌手等の講話で注目されている診察なので、診察をする女性は増えてありこういう痛みに一丸耐えるについてになります。私の体制、こういう診察がツラくて毎年頑強医療が憂鬱になるほどだ。惜しくも痛みを軽減でき同じ仕様の診察が出来るポイントを見つけてほしいだ。
今日は雨量が降っていたのに何故かいつもよりも花粉症の事象が辛くてたまらないのが不思議です。
だって花粉って雨量の太陽は飛んで来ないと想うのにどうして俺はこんなにも鼻がムズムズしているのか、というのです。
風の強い太陽やカサカサしてる太陽は依然知るのですが、今日は納得いかないだ。
それほど夫に話すといった、内部にも花粉は入って来てるから仕方ないと言われました。
ちゃんとバキュームクリーナーかけたのに、と話すといったバキュームクリーナーで舞い上がることだってあるんだから仕方ない、だそうです。
なんにせよ、湿度がおっきいとか風が強いとかで今日は如何にも花粉が少ないとか多いとか一喜一憂しても無駄なんだなと思いました。
ホント、仕方ないですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ