必要で嬉しかったポイント

私は、10日ほど前に、おとうさんへの弟子入りという形で、新しい仕事に就きました。職務の内容は繊維世だ。私は、今42年代ですが、繊維世はやっとだ。しかもド文系で、数学という物理と化学が拒否だ。おとうさんの方は、私は真逆でこういうプラン60時代、幾つもの特許を取得してある。但し、そういうおとうさんも今期で78年代、職務の嵩はかかるばっかり、そんな状況の中で多少なりとも思いになれないかと思ったのです。
しかしながらと言いますか、果して、実際には藤四郎の私は、おとうさんの乗り物を引っ張るばかりの連日だ、あんな私に、「病状の機械を直してくれ」という中間無茶と言える指令がありました。それに対して、私は具合とグレードを診てコンピューターのバグを勘ぐりました。そうして、しばらく落としていなかった主電源を落として、少々放置してみました。そうして、電源を再び入れてみると、誠に機械の病状が直っていました。
もちろん、私のやったことは大したことではありませんが、少しはおとうさんの役に立てたかと思うと、少々ありがたくなりました。
世界中では様々なお酒が飲まれてある。和風と同じように世界の世の中もお酒が方という方といったをつなぐ大切な連絡ツールになっていることはいうもありません。私たちの周囲を見てみると、集合や年末年始、冠婚葬祭などの催事はもちろん、部員との酒席やもてなし、同窓会などでは必ずと言っていいほど、テーブルにはお酒が用意されています。さほど、人々の一生の中にお酒は激しく関わっているのです。欧米の諺にこのメッセージがあります。『In wine there is truth』、これは「酒は心中を表す」という意味です。確かにお酒の席では、本音で話しやすいことが多いです。それは、お酒には圧力や心配をやわらげる効能があるからでしょう。こういったインパクトから、お酒は職種のチャンスも連絡ソフトとして活かされてある。お酒を楽しむため、方と人とのつながりを深めることは、現代社会における連絡ソフトとしての用途をお酒が担っていると言えるでしょう。昔から、邦人はお祭りなどの神事において、神にお酒を供えてきました。これを「お神酒」と言います。これは神との共飲共食、つまり性分周囲から見れば神との連絡だったのです。神と同じものを呑み、摂ることによって大神の霊力が分与され、神の指図を訊くことが出来るという信仰心に基づいたものなのです。そういったお酒にまつわる神社や縁起の神も、全国に数多くあります。京都の松尾大社は室町時世末期以上、「和風酒第一酒造大神」って仰がれていますし、京都府園部表通りの摩意思(まけ)神社は酒造りにふさわしい水霊がいると言われています。また酒造り教授の神として有名なのは、香川県の城山神社の「大神櫛王様」や、愛知県の酒人神社の「酒人王様」などです。邦人は、神との連絡手段として「お神酒」という形でお酒においてきたのに加え、お酒を作り上げるときにも神に祈ってきました。?お酒という神や神社との関係性や歴史を解るという、もう一度お酒が楽しくなるかもしれません。『お酒といった神』も触れたように、日本のお酒の誕生は「大神イベントの酒」だ。和風古来の様々な神事にあたって、神の前に酒が供えられてきました。また、お酒は貴重なグッズ、ありがたきグッズとされ、イベントという「ハレ」の箇所を選んでお酒を呑むことが多かったようです。現代社会では、気楽にお酒ってふれあう機会が昔に比べて増えてきました。ただし、年明けやウェディングなどの祝い事やお祭りなど特別な機会に呑む「ハレ」のお酒というものを大切にしたいものです。また日本には昔からお酒に対するはなしやつぶやきが、たくさんあります。室町時代の狂言「餅酒」や、江戸時代の「百家考え林」などが有名で、これらは本当に「お酒おつきあい読本」ともいえる、お酒との良きつき合い方があらわされてある。「餅酒」では「百薬の長」、「百家考え林」では「方という親しみ」といったことが語られてある。こういった歴史的読物をお酒を呑みながら読んでみるのも可笑しいかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ