小説をよむのが早くなった的

いま、速読が出来るようになったみたいです。
教えて貰ったわけじゃないんですけど、以前より執筆をよむ調子が格段に上がってるんですよ。
過日なら読み終わるのに4お天道様かかっていた執筆分量のものを、その日のうちに読み済ませるようになったのですから大きな進展だ。
最初は単純に自分が流し読みJしてるだけなんだろうとしてましたけど、条目はちゃんと頭に入ってますし、整理するといかなるためあったかと言うのも分かります。
条目を理解して、その上ではやく読み終われると言うなら、いよいよ速読出来てると言うことなのでしょう。
昔は速読なんて正に読めてるのかと質問に思っていましたが、現に自分で出来るようになるという、何もむずかしい訳じゃないんだなと思いました。
この前の商売終わりにサブウエイをめぐってきました。どれを頼もうか店先の人寄せででちょっと見ていました。うろうろしてたので容疑人っぽかったかも(笑)店内に入って行く人の中には、皆さんを見ながら入って出向くヒトもいました。通常惑いに迷った末にいつもの定番の、えびアボカドにしました。「それにするなら一段と少なく店内に入れよ」って自分に指摘を入れながら店内に入って好きなパンといった野菜を選びました。パンといったリソースはそう執着心がないんですが、野菜は前にトマトを入れてひどく食べにくかったのでトマトは取り除きました。自己流のサンドイッチが出来て相当楽しかっただ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ