1年8ヶ月の次男を殴り付ける

という異変がありました。写真を見る限りでは、きわめて普通の綺麗な住宅でした。多分ではありますが、普通の生活をしていた住居だったのだろうと思います。いわゆる、反世間パワーという家庭でもなく、荒れた生活をして掛かるような住居には見えません。ですが、急にちびっこを殴り薙ぎ倒すは穏やかではありません。けれども、急にイライラしてしまうことは、誰しもあると思います。これは、こういう父親だけではなく、誰にでもあるかもしれないことは肝に銘じておきたいところです。日頃から、ともかく余裕を持って、ダメな時は、補佐を勧めれるような体制を整えておかないといけませんね。
今日は子を歯医者に連れて行きました。歯医者嫌いな子どもなので虫歯にならないように気をつけていたのに、子がつらいと言い出して連れて行ったら誠に根っこの近くまで進行していたのです。スタンスじゃまったくわからなかったのにー。どうも乳歯なので検診の時にまもなく抜き取れるから無理に治療しないでおこうと言われていたちっちゃな虫歯だったようです。大人の歯も再びレントゲンも確認できるのですが、医者は「抜くと隣席の歯が曲がってしまうから治療します」って。歯医者で泣く子どもの治療、父母も医者も大変だ。言い聞かせて「関わる」というのですがいざ受診台に腰掛けるってメソメソ。雑音が苦痛みたいですね。やっと誤魔化しながらちょっぴり向かうことになりそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ