歯茎が腫れて不安になる近年

たった今も歯茎が腫れてしまっています。これが若い頃でしたら、「あらー、細菌も入ったのかしらー」といったのんきに構えていられたことでしょう。だって歯茎が腫れても治りが速いものですから。
但し今は違うから。年齢が上がってしまって要る今ではあんな悠長に構えてなんていられないですよ。だって、歯茎もそうですけれど歯本人や歯を助ける根本の骨だって弱くなってきていますからね…。
ですから若い頃に比べますと虫歯になりやすくなっていますし、それに歯だって若い頃は白かったのに…。今では黄色くなってきてしまっていますからね。ですから歯茎のはれも「ほんの歯茎の浮腫」ぐらいに読み取ることができないのですよね。何かの病魔じゃないかと不安になってある。
独り暮らしを通してすぐの時、食あたりになった。
完全自分が悪くて、賞味期限が切れた牛乳を飲んでしまったことが誘因だったという。
(というか、強要みたい。)
つもりがあったのに根こそぎキャンセルして、家でぐったりしていた。
気分はお粗末。
も、気づいたこともあった。
明日、早朝起きたら普通に元気になっていたけれど、
頂点驚きのは、腹が減っていた点!
今までは、腹が減ってるのってマイナスのイメージだったけど、
本当は幸せなことなのかも、と思った。
グングン、ミールが手に入ったらもう一度ハピネス。
こういう気を味わえたから、食あたりもいいなって思った。。
も、2ごとと同じことは繰り返さないぞ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ